ワンデーカラコンと長期間用のカラコンの違い

ワンデータイプのカラコンと、長期間使用をするタイプのカラコンには違いがあります。ワンデータイプのカラコンであれば、カラコンのレンズのお手入れとか洗浄を行う必要が一切ありません。しかし、長期間使用をするタイプのカラコンであればレンズのお手入れや洗浄などを毎日欠かさずに行っていく必要がありますね。

 

しかも、使用期間がワンデータイプのカラコンは1日だけなのですが、マンスリータイプのカラコンで1ヶ月間、ワンイヤータイプのカラコンで1年間とかなり長めに設定がされているのも大きな特徴。

 

長期間使用をするタイプのカラコンであれば、しっかりと念入りに
レンズやカラコンのお手入れを行っておかなければ、目に見えない雑菌などが
沢山繁殖してしまい、それがそのまま目の中に入ってしまったりして
目のトラブルが引き起こされてしまいます。

 

清潔にしておかなければ、簡単に眼病を発症してしまうということも
挙げられますよ。 特に多いのがアカントアメーバ角膜炎で、
雑菌などがあるとすぐに感染してしまう病気です。
眼病を甘く見てはいけないのですが、
このアカントアメーバ角膜炎になると自分で完治をさせることができません。

 

この眼病にかかってしまったなと感じたならば、
早い目に眼科に行って治療を受けることが肝心ですよ。
あまりにも症状がきつくなってくると、失明をしてしまうということもあるようです。
ですので、カラコン初心者の方であれば眼病になる可能性が比較的低めの
ワンデータイプのカラコンを選ぶのが良いですし、カラコンの使用に慣れてきていて、
自分でカラコンのお手入れやレンズの洗浄などができるというような方であれば、
マンスリータイプのカラコンや、ワンイヤータイプのカラコンを
使用するようにしましょう。

 

さらにワンデータイプのカラコンは、基本的には低含水率で
作られているということですので、長時間のカラコンの装着であったとしても
目の乾燥や目の痛みなどがほとんど起こりません。
ワンデータイプのカラコンは、耐久性にこだわって作る必要がないので、
その分、酸素がたっぷりと目に供給されるようになるのです。

 

ですので、マンスリータイプのカラコンやワンイヤータイプの
カラコンなどと比べてみても、目の乾燥や目のトラブルが起こることも
とても少ないですので、ワンデータイプのカラコンには、
非常に大きなメリットがあると言えるのではないでしょうか?

 

もちろん、衛生的に使用をすることができますので
眼病になることもほとんどありません。