ワンデーカラコンのつけっぱなしを辞める事

ワンデータイプのカラコンは、その名の通り、
「1日限りの使用を行う目的での使用をする必要がある」ということで、
1日以上経過して使用をしてはいけません。

 

ワンデータイプのカラコンの使い回しをしている人が、学生を中心に目立っていて、
「もったいない」と感じている人は使い捨てのカラコンなのに、
そのまま使用を続けたりしているということです。

 

これはとても不衛生な使用法となり、目のトラブルが起きたり
失明をしてしまう危険性が高くなりますので注意をしてください。

また、カラコンをつけっぱなしで眠ってしまうという人も沢山いらっしゃるようで、
これは注意不足によって引き起こされてしまうものなのですが、
あまり目に良い影響を与えないということですので忘れないように
最終チェックなどを欠かさないようにしてくださいね。

 

必ず夜寝る前に、「カラコンを外しただろうか?」ということを
確認するようにすることで、付けていることを忘れがちとなってしまうような
ナチュラルカラコンであったとしてもつけっぱなしをすることもなくなると思います。
ワンデータイプのカラコンは、一見安全性にしっかりと配慮がされていて、
どのような使い方をしても大丈夫のように感じますが、そうではありません。

 

ワンデータイプの特徴をしっかりと把握して、間違った使用法はしないように
気を付けなければなりません。いくら「もったいないから」と言って、
1日だけの使用の目的で作られているカラコンを、そのまま1週間も2週間も
使い続けてしまいますと失明をしてしまう危険性が上がってしまうので注意をしましょう。

 

「失明をしてしまうのがイヤか?」
「もったいないからと言って、そのまま使用を続けるのが良いか?」
ということを考えると良いと思います。
人によってはありえないことに「1ヶ月間も使用をし続けている」という人も
いるということで、普通に考えて間違った使い方をしているということが
分かるはずなのに使用をしている人もいるということです。

 

そのような使い方をしていて、たとえ失明をしてしまったとしても
責任を取ってもらうことができません。

 

韓国製のカラコンの使用をしていて、失明や視力低下やその他の
様々な目のトラブルが起きているというケースが多いのですが、
自分の目の中に入れて使用をするものですので、
しっかりと使用上の注意を守って使用をする必要があります。

 

カラコンは、ただのオシャレアイテムとしての使用だけではなくて、
「医療機器」としても扱われているということを忘れてはいけません。
医療機器として扱われている以上、正しい使用法で愛用をしないといけません。